積みゲー消化部屋

やったゲームの感想などを書き連ねて行きます。古いゲームも新作もマルチにレビューしていく予定です。

PCゲーム「ホワイトアルバム2」


PCゲーム「ホワイトアルバム2」感想/レビュー

ホワイトアルバム2をクリアしました。時間は、50時間でした。

評価は、Aです。

f:id:kobazunkun:20210411110116p:plain目次

  • このゲームをやろうと思った理由
  • ゲームの内容
  • 良かった点
  • 不満点
  • 総評

 

 

このゲームをやろうと思った理由

面白いエロゲー何と聞かれたら一番に上がる作品で、エロゲ批評空間での点数も一番高かったので手を出してみようと思いした。また、デトネーターの釈迦さんも「俺の配信に来るぐらいならこのゲームをやれ」というぐらいおすすめだったので凄く期待してこのゲームを始めました。

 

簡単なゲームの内容(ネタバレ無し)

このゲームは、高校生編→大学生編→社会人編と話が進んでいきます。大学生編からは、サブヒロインの話に派生することができますが基本的には、主人公とメインヒロイン二人の三角関係が丁寧に描かれて進んでいきます。

f:id:kobazunkun:20210411112524p:plain

ドロドロの三角関係

 

良かった点

一番は、やはり丁寧に描かれていく三角関係だと思います。とてもリアルに描かれていて、心が締め付けられるシーンも何度かありました。メインヒロインの雪菜は、とてもコミュ力が高く家族仲も良好でな中流家庭、もう片方のヒロインのかずさはあまり他人とコミュニケーションをとるのが得意ではなく家族仲もあまりよくなく、お金持ちという全く逆な対比も面白いと感じました。あと、この作品は続編なのですが1をやらなくても話を理解できるのはとても良かったと思います。(1で出てきた楽曲などは出てくる)

f:id:kobazunkun:20210411140746p:plain

二人は親友同士でもある

不満点 

 面白い作品だったのですが、不満点はいくつかあって。あまり、キャラの絵がうまいとは感じませんでした。キャラの立ち絵などを見て、やる気が起きなくなった人もいるんじゃないかと思います。また、これは僕自身の話なのですが期待値が高すぎて期待外れだったところがありました。このゲームをやるときは辛すぎて胃薬が必要って言うことも聞いてたので、気持ちがえぐられるような展開を期待していたので、少し残念でした。あとこれは、いい点でも悪い点でもあるのですが話が非常に長く、テンポがいいわけではないので飽きてしまうことが多々ありました。しかしこれは、丁寧に作品を描いていく上で仕方がないと思います。

 

総評

面白かったのですが、あまりに期待値が高すぎた作品でもありました。でも、この作品が一番面白いという人も理解できます。結構やるのに時間がかかったので次は、テンポが良く伏線回収に重きを置いたゲームをやろうと思います。

switch「モンスターハンターライズ」



switch「モンスターハンターライズ」感想/レビュー

モンスターハンターライズの村と集会所をクリアしました。時間は、30時間(かなり遠回りしている)でした。

評価は、S(名作)です。

f:id:kobazunkun:20210404195522j:plain目次

  • このゲームをやろうと思った理由
  • 良かった点
  • 不満だった点
  • 総評

 

 このゲームをやろうと思った理由

 モンハンシリーズを真面目にやるのは4G以来でしたが、友達とモンハンを久しぶりにやろうとなって、ヨドバシカメラ(当日配送なのでおすすめ)で予約しました。やはり、モンハンは仲間内でやるに限ります!

f:id:kobazunkun:20210404211348j:plain

メインモンスターのマガイマガド先輩


良かった点(筆者は4G以前の作品しかやったことがないのでそことの比較になります)

まず何といっても、今作からキャラクターにしっかり声がついてモンハン語を話さなくっています。これが、一番感動しました。声を当てている声優さんも、花江夏樹さんや佐藤利奈さんなど有名な声優さんが声を当てていることにもびっくりしました。

f:id:kobazunkun:20210404203023j:plain

双子のヒノエとミナト

この双子たちもめちゃくちゃかわいくて、カプコンキャラゲー路線についに切り替えたかと勘ぐってしまうレベルの可愛さでした。ちなみに、友達の中には双子が竜神族で指が四本しかないことに興奮している特殊性癖もいました。これらの要因から、ストーリーも満足することがいつもの作品よりできました。

 ゲームシステムについては翔蟲を使った爽快なアクションが慣れれば爽快だったのと、今までは同じエリアにいるとめんどくさくてこやしだまを当てていたモンスターが、縄張り争いをし始めたり、モンスターに乗って操竜するといった要素はとても斬新で面白いと感じました。

 あと、個人的に一番うれしかったのは集会所の人数によって難易度が変化する所の調整がされているところが感動しました。今までは、村か集会所でしか難易度変更がなくソロでやろうとすると集会所はかなり大変だった覚えがあったので、1から4人までの参加人数で体力が変化したり、途中で抜けても体力が人数分に変更されるところなど、細部まで遊びやすくなっているのはとても良かったと思います。

f:id:kobazunkun:20210404213947j:plain

おともガルク(これに乗ってハンターはエリアを移動します)

 

 

不満点

モンハンは、シンプルな操作で爽快なアクションが売りだったと思うのですが自分には操作が複雑になっているような感じがしました。ボタンが増えたことも理由だと思うのですが、昔モンハンをやっていて復帰勢としてまたやるとモーションが変わっていたり覚えないといけないことが沢山あるので手軽な直観操作とはいかなくなったのかなぁと思いました。ボリュームの面では、最速で村をやると5時間ぐらいで終わってしまうのでボリュームとしては今の所は今一つひとつだとと思います。

総評

久しぶりのモンスターハンターシリーズだったのですが、とても楽しむことができました。ボリューム不足と書いたのですが、アップデートでモンスターやストーリーが追加されるので段々完全版に近づいていくと思います。今作は、キャンプでご飯が食べられるようになったり、クーラー、ホットドリンクが無くなったりと様々な所で遊びやすくなっているので、元々遊んでいた方も新規でやるかたもとても遊びやすくなっていると思います。次の4月のアップデートに期待です!

 

 

 

PCゲーム「マルコと銀河竜」



PCゲーム「マルコと銀河竜」感想/レビュー

マルコと銀河竜をプレイしました。攻略時間は、6時間です。

評価は、A(佳作)です。この記事はネタバレはありません。

f:id:kobazunkun:20210218093106p:plain

目次

  • プレイしてみた理由
  • このゲームについて
  • 良かった点
  • 最後に

 

 

プレイしてみた理由

マルコと銀河竜は、ノラと王女と野良猫ハート同じスタッフが作ったゲームと聞いて、ノラととのシナリオはギャグ要素多めで楽しくプレイできたのでやってみようと思ったのと、このゲームは6000円ぐらいするフルプライスゲームだったのにアマゾンで新品が2400円程度で購入できたのでやってみようと思いました。(現在は6000円程度に戻っています。)

 

f:id:kobazunkun:20210218094730p:plain

ハクアがかわいかったのもある

 

このゲームのストーリーについて

とりあえずOPを聞けばどのような雰囲気かわかると思います。(自分はめちゃくちゃ好きです)

www.youtube.com

あらすじとしては(以下引用)

トレジャーハンター・マルコと銀河を統べるドラゴン・アルコが世界の存亡をかけて宝探し⁉

_旅の途中マルコは地震の母親の手がかりを得る。向かう先は生まれ故郷の地球だった。

CGスチル1000枚超 カートゥーンアニメーションも取り込んだ、新感覚アドベンチャーゲーム

このゲームは地球で親を探しながら話が展開していき、ギャグ要素ありバトルあり感動ありな感じで展開していきます。話のテンポ自体はすごくハイペースで飽きにくいのですが、たまにハイペースすぎて読んでいる側が置いてけぼりになる事が多々あったのでそこが難点に感じました。あとこのゲームには一本道で、選択肢はありますがルート分岐などではなくただ回収できるCGが変わるだけなので、攻略の心配などはしなくていいです。

 

良かった点

正直ストーリーは、期待していたほど自分には刺さらなかったのですがそれ以外の所はとてつもない出来だと思いました。例えば、CGスチルが1000枚あってその時点でも場面が切り替わるたびに新しいCGで楽しいのに一枚一枚のCGの書きこみというかクオリティがとてつもないと感じました。

f:id:kobazunkun:20210219133958p:plain

これなんか凄いきれいだと感じました

 カーテゥーンアニメーションももちろん素晴らしかったのですが、ゲームの途中で入るミニゲームも個人的に面白いなと感じました元ネタがわかるのがカービィの刹那の見切りだけだったのですが、飽きさせない工夫がしてあって素晴らしいと感じました。あと個人的に、Twitterやり取りをするところのアニメーションが好きでした。 

最後に

総評すると、このゲームは次世代のノベルゲームの先がげになるのだろうなと感じました。自分はこのゲームを2400円で買えてよかったと思います。フルプライスでこのゲームを買っていたら満足していたかと聞かれると、やはりボリューム不足は否めないと思います。このゲームをやってみたい人は、アマゾンのサイトを張っておくことをお勧めします。ギャグシーンなどはやはり面白いので、ノラととスタッフの次の作品に期待したいと思います。

 

                                                                

 

 

 

 

 

PCゲーム「アメイジンググレイス」

PCゲーム「アメイジンググレイス」感想

アメイジンググレイスをクリアしました。攻略時間は18時間半でした。

評価は、SS(神ゲー)です。

f:id:kobazunkun:20210210121339p:plain     

目次

  • 総評【ネタバレ無し】
  • 一番印象に残った所
  • 最後に

 

総評【ネタバレ無し】

アメイジンググレイス(以下アメグレと略します)のライターの冬茜トムさんの次の作品のさくらの雲スカーレットの恋をプレイして伏線回収が秀逸で面白いと感じたためすごい評判が良かった、前作をプレイしてみました。

以下公式サイトより引用

主人公・シュウは記憶を失くし、雪の降る“町”で目を覚ました。
彼はそこをとても奇妙な場所だと思う。
中世の西洋を思わせるアンティークな町並み。
何よりも芸術を重んじる文化的価値観。
そして……町を囲むように閉ざしている、オーロラと呼ばれた巨大な壁。
だがシュウはそんな町の人たちに助けられ、
やがて聖アレイア学院という学び舎で学生たちと豊かな日々を過ごすことになる。しかしそんな幸せはまたたく間に奪われる。
12月25日、原因不明の大火災により町は崩壊の一途をたどった。
誰よりも町を愛するユネは運命の変革を心に期し、
アドベントの初日─12月2日にまで時計の針を巻き戻す。
─なぜ、破滅は起こったのか?
─なぜ、何度やり直しても同じ運命を辿るのか?
─なぜ、これだけ時間を繰り返すことができるのか?
巡り巡る時の回廊。
その果てに待つ世界を知るべく、町というキャンバスに彼らは真実を描き出す。

 ここまで読めばわかると思うのですがこの作品はループもので、アニメとかだとシュタゲなどが好きな人はとても好みな作品だと思います。また、たまに展開が予想できることもありますが、僕は二回は鳥肌が立つ展開があり大満足でした。僕は、ぶっ続けでやって二日でオールして攻略してしまいました。かなり、テンポはいい方だと思います。

 

f:id:kobazunkun:20210210204355p:plain

 この作品は、美術とキリスト教が作品にかなり関係があって絵の知識は全くなかったのですが、私はキリスト教の高校に通っていたので聖書のことを懐かしんで楽しむこともできましたw

あと、アフターもあってキャラゲーとしてもしっかりしていたと思います。

攻略順は、共通ルート→サブキャラ→キリエ→コトハ→ユネがおすすめだと思うというか、自動的にそのような進み方がすると思います。なので、特に攻略順を意識しなくてもプレイできます。

以下ネタバレあるので未プレイの方はご注意ください

 

 

 

 

 

 

 

一番印象に残った所

f:id:kobazunkun:20210210194517p:plain

キリエがかっこよすぎた

このゲームで一番鳥肌が立った瞬間でした。キリエの破壊の美学がすべて演技なことが判明する所の伏線は様々な所に貼られていたのですが、一ミリも自分は気づきませんでした。しかし、少し考えればわかるような伏線が多くてだまされた爽快感がたまりませんでした。正直、キリエルートでのキリエはあまり印象に残らなかったのですが最後のサクヤ・ユネルートでのキリエがかっこよすぎて僕の中で、一気にヒロインしたなと思いました。

 終わり方は、自分はビターエンドが好きなのでさくらの雲スカーレットの恋の方が好きでしたね。

 

 

最後に

 アメイジンググレイスが面白いと思った方は、ぜひさくらの雲スカーレットの恋をプレイをおすすめします。今作は、次の冬茜トムさんの作品が出たら絶対に予約してやろうと心に誓えるような作品でした。今回初投稿で、うまく纏めることすらできなかったのですが最後まで読んでいただきありがとうございます

 

簡単な自己紹介

このブログの書く目的は、いろいろの人とコメントを通じてつながりたいのと文章を書く機会がないので語彙力の強化と積みゲーの消化するモチベーションにしようと思っています。

一応私の好みのゲームをあげておくとロックマンエグゼシリーズペルソナシリーズさくらの雲スカーレットの恋g線上の魔王などです。

一度やったゲームも、やり直す機会があったらブログに書いていこうと思っています。

僕は、結構様々なジャンルのゲームを触るのでそれらについて終わったらレビューをしていきたいと思っています。

更新頻度は、不明ですが最低でも月に一回は何かしらのゲームレビューを上げようと思っています。

拙い文章にはなると思いますが、よろしくお願いします。